【2020年版】TwitterでOGP設定を間違えたまま登録してしまった時の更新方法

【2020年版】TwitterでOGP設定を間違えたまま登録してしまった時の更新方法

起きてしまった事象

TwitterでOGP設定を間違えたまま登録してしまった!
すぐに修正して再度投稿したけど、投稿を見てみると治ってない!
どうしよう。

こんなときの解決方法のご紹介です!

解決方法

原因は、TwitterCardにもキャッシュがあるからです。
OGPを修正後、キャッシュを手動でクリアしてから再度投稿しましょう。

Twitterのキャッシュクリア方法

Twitterにログインし、下記にアクセスします。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

左にURL入力欄がありますので、投稿したい記事のURLを入力します。
すると、右にプレビューが出ます。

プレビューが変わっていなければ、何度かページを更新してみてください。
修正した内容に変わればOKです!

既にツイートしてしまった記事のOGPだけ更新したい場合も、
ここでキャッシュクリアしてあげると変更できます。

Utility/Otherカテゴリの最新記事